Archive | 12月 2015

岩盤浴での骨盤の歪みによる代謝の低下改善とゼニカル

女性の骨盤の歪みは、肥満の原因となる可能性が高い要素です。これは出産を経験した女性に多く見られるもので、骨盤の位置がずれてしまうことで、このスペースに脂肪がつきやすくなる事が理由とされます。骨盤の歪みは内臓が下がってしまったり、内臓が脂肪により圧迫され、代謝の機能も低下させてしまいます。
これらの理由から、骨盤が歪むと下半身を中心に脂肪がつきやすくなり、下腹部に脂肪が多くついてしまうのです。
この類の肥満を解消するには、整体施術で骨盤の位置を整えてもらう事も必要ですが、出産後の女性は下腹部や尻、太ももなど、下半身を中心に脂肪がつきやすくなるため、新陳代謝を促す効果の高いダイエット法を実践する事が求められます。この代謝の促進に理想的な方法が岩盤浴です。
岩盤浴での発汗は自律神経を整え、冷え性なども改善します。冷え性は代謝の機能を低下させ、太りやすい体質を形成してしまう要因とされ、とりわけ、臀部や大腿部の冷えは下半身太りにつながることが難点です。それゆえに、岩盤浴で身体の内側から筋肉を温め代謝を促すことには大きなメリットがあり、女性に多く見られる下半身太りに適したダイエット法となるのです。
岩盤浴での効果に組み合わせるべき要素としては、脂質の制御が挙げられます。これは食事制限のみよりも、医薬品として処方されているゼニカルの服用が大きなダイエット効果を発揮する事が知られています。ゼニカルは体内への脂肪の吸収を抑える効能に優れており、有効成分が消化酵素に働きかけ、内臓からの脂質の吸収を大幅に阻害します。これらの理由から、女性を中心として、ダイエットにゼニカルが多く使用されており、副作用の少ない医薬品であることから、女性の健康に配慮したダイエットとしても最適です。