Archive | 10月 2014

ゼニカル服用中のビタミン不足について

ゼニカルは、ダイエット効果のある肥満治療薬です。
日本では未承認ですが、欧米諸国をはじめ世界17か国で販売・使用されています。
ゼニカルには脂肪の吸収を抑制する働きがあるので、肥満解消や予防に効果があります。
ゼニカルの効果は、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを防ぎます。
リパーゼは食事などから摂取した脂肪分を小さい分子にし、身体に吸収されやすくします。
ですので、リパーゼの働きを防ぐことで、脂肪分を体外排出を促します。
摂取した脂肪の約30パーセントを便と一緒に排出してくれるので、確実にカロリーオフすることができます。
ですが、ゼニカル服用中は、ビタミン不足に陥りやすいです。
なぜなら、ゼニカルは脂肪の吸収を抑制するので、ビタミンAやKなどの脂質性ビタミンまで体内に吸収されず排出されてしまうかもしれないからです。
ビタミンB群やCなどの水溶性ビタミンは問題はありませんが、脂質性ビタミンはゼニカル服用中は積極的にビタミンをとるかサプリメントなどで補うことが重要です。
ビタミン不足になると、皮膚が乾燥してカサカサになってしまいます。
ゼニカルと一緒にマルチビタミンが買える通販サイトなどもあるので、参考にするのが良いです。